著名画家の絵と挿絵本・・古版画・昔の絵本(明治のちりめん本・日本昔噺・ちりめん絵・明治の手彩色古写真・19世紀の欧米児童雑誌・美しい挿絵本・内外の古い絵本)
     母岩付円盤パイライト
ホーム指圧・マッサージ用ヒーリングワンドヒーリングワンド(自分で指圧水晶指圧器具)
商品詳細

ヒーリングワンド(自分で指圧水晶指圧器具)[ワンドを活用して健康に!!詳しいワンドの使い方はこちらから2,200円より]

販売価格はお問い合わせください。
[在庫数 47点]

サイズは6,7cmから各種:使用方法や、お買い求め、その他のアイテムはカテゴリー覧からご覧下さい。

魔法使いが使う杖のことをワンド( Wand )と言いますが、水晶などの棒状研磨品を指圧やマッサ-ジに用いるとまるで魔法のような効果を示すので、それらはヒ-リング・ワンド、マッサ-ジ・ワンドなどと呼ばれています。水晶には圧力を加えると電位差が生じる特性(ピエゾ効果)があるので、これで押すと電気鍼に似た効果が生じますし、ジャスバ-その他の貴石にも強いパワ-があるので指で押すのとは違った効果が生じます。 ワンドには
(1)尖った先端を使うツボ指圧用(全身と手のツボ用)
(2)丸くなった部分を使うマッサ-ジ用(体の各部と足用)
(3)結晶全体を使うレ-ザ-ワンド(各種の病気治療用)
の3種がありますが、どれを持っていても自分のヒ-リングにも家族や他人の治療にも使えますから大変便利です。ワンドには耐用年数がありません。一つ持っていれば生涯の宝になります。

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
〔 ツボ指圧用ワンドの使い方 〕
 体には鍼灸のツボが沢山あるので、そこをワンドの尖った先で押すと鍼やお灸と同
じような治療効果が得られます。これは鍼や灸の道具と専門技術を必要としないので
とても便利です。また手のひらには全身に対応したツホがあるので、それを押すこと
によって簡単に自分で病気を治療することができます。たとえば第1図の臓器代表点
を押してみて、不快な痛みがあれば、その臓器に異常・病状があるので、そこを繰り
返しワンドの先で押してやります。押す強さは自分で加減し、ある程度の痛さを我慢
しながら1分間以上押しつづけ少し休んでまた押すのを5回位繰り返します。
この指圧法を朝昼晩何度も繰り返し実行し続けると症状が軽くなり、それにつれて
押したときの痛みも弱くなってゆくので自分で 自分の健康状態を把握できるように
なります。極めて簡単な方法ですが、その効果は絶大で、救急時の人助けにもなリま
す。
 手のひらツボ治療の詳細については下記の「診断法」と「治療法」をご覧くださ
い。
(画像をクリックすると大きく見られます)
〔 マッサ-ジ用ワンドの使い方 〕
 肩、腰その他どこでも凝ったり痛むところがあれば、先の丸いワンドてマッサ-ジ
すると楽になります。また第2図に見られるように足の裏には全身の臓器に対応する
区域があるので、そこを押しもむと五臓六腑の具合が良くなります。押したときに痛
みが強いのは、その臓器に不調がある証拠ですから、そこは特に念入りに押す必要が
あります。足裏の場合はかなりの痛みをがまんして力を入れて押すのが治療の否決で
す。足裏マッサ-ジには、「リフレクソロジ-」「足の反射療法」「若石健康法」な
ど色々な流派がありますが、詳細についてはそれらをキーワードにして検索・調査し
手ください。
 〔 診 断 法 〕
人の手には400近いツボがあり、各々が全身のツボと相関しています。これらに
ついては中国、韓国、日本その他で研究が重ねられてきましたが、全体を体系的に理
論化したのは韓国の柳泰佑先生です。柳先生の発見によれば手の平と手の甲は全身の
縮図になっているので、体のツボを押さなくても、それに相応する手のツボを押せ
ば、
同じ効果が生じるのです。従って誰でもいつでも全く簡単にツボ指圧を行うことがで
き、煩雑な全身の経絡を探したり覚える必要はありません。
第3図に見られる通り、右手を例に取ると中指の先端が頭、第1関節が喉、第2関
節が気管支、第3関節が心臓と言う具合に並び、薬指は右手、小指は右足、人指し指
は左手、親指は左足、手の平が腹部に当ります(図示されていないが手の甲は背中に
当たる)。手の平の真ん中(労宮のツボ)はヘソに当たるので、自分の体具合が悪い
ときにはヘソを中心にして位置を確かめ、それに相当する手の部分を刺激すれば良い
のです。
マッチ棒、つまようじ、ボ-ルペンの先などで例えば中指の第3関節の中央を
押してみる。ここは心臓に当たるので心臓に関連した不調を抱えている人の場合、こ
こを押されると不快な痛みを感じます。この痛みの強さが具合の悪さと正確に比例す
るので、痛がる程度を見て病気の悪さを知ることが出来ます。狭心症などで入院クラ
スの病人の場合は、ここを押されると飛び上がるほど激しく反応します。鈍痛を感じ
る程度なら血管のコレステロ-ル沈着や軽い心臓疾患が始まっている印です。
あちこちを適当な強さで押しててみると分かりますが、健康な部分は押された圧迫
感しかなく、痛みや不快感は全く感じられません。手の平と甲のどこを押しても痛く
ない人は完全な健康体ですが、そのような人はまず居ません。現代人の場合は悲しい
ことに若い人ほどあちこち悪く、高齢者は比較的健康です。これは子供と若者が環境
汚染と食品添加物等の影響を受けやすいからです。
第3図. 手と全身の相関
(柳泰佑「高麗手指療法講座」149 頁による)
(画像をクリックすると大きく見られます)
手元にマッチ棒も何もない時は、指の爪で押しても一応の判定は下せます。親指の
爪と人指し指の爪で手のひらを挟んでまんべんなく押してみると、いずれの側にもか
なり痛い部分があることに気付くでしょう。5本の指の各々を挟み押す時には、裏・
表だけでなく横や斜めの方向からも押してみると、意外な部分に強い痛みを感じて驚
くはずです。今や日本人は一億総病人に近くなっているので、あちこち痛いのが当然
なのです。
 〔 治 療 法 } 
治療の仕方は簡単で、自分で見つけた痛む箇所を押すだけです。道具としては指
先、
爪、マッチ棒、爪楊枝、様々な金属・鉱物等が利用されていますが、水晶結晶の先端
が良く効くようです。その理由は、水晶には圧力を加えると電位差が生じる特性(ピ
エゾ効果)があるので、これで押すと電気エネルギ-の力が加わるからです。しかし
とりあえず何で押しても効果は間違いなく発現します。
押し方は真っ直ぐ押す、斜めに押す、こねるように回し押すなど様々な仕方があり
ますが、自分でいろいろ試してみて痛みが一番良く感じられる仕方を採用し、治療の
ためですから痛いのはある程度我慢して押し続けることです。30秒から1分位押し
て少し休み、また押すのを5回くらい繰り返します。これを1単位として1日のうち
暇なときに何単位行っても良いのですが、朝・昼・晩の3単位が一般的に適切でしょ
う。
ツボと対応する身体箇所の具合が良くなってくると、これと比例して痛みが薄らい
でくるので、自己治癒の進度についてもはっきり自覚できます。急性の症状は痛みが
強くても早く治りますが、慢性の場合は鈍痛程度でも完全に消失するまではある程度
の時間が必要です。医者と薬で治らない慢性疾患が1週間で良くなったり色々な難病
が治った例もあるので根気よく続けることが肝心です。
手と全身の相関関係を知ると、肩こりや腰痛を治すことも出来ます。例えば右肩が
こっている場合、第1図に示されているように右手の薬指と中指の接している股の部
分が右肩に当たりますので、そこを左手の親指と人指し指で挟んでもんでみると非常
に痛いことが分かります。肩凝りの場合このように中指の脇をギュッとつまむと悲鳴
を上げるくらい反応がハッキリしています。これに対しては痛む中心点を水晶で押し
つづけても良いし、指で挟んで押しもみしても効果があります。他人にもんで貰わな
くても、自分の指だけで簡単に肩もみ効果をあげることが出来るわけです。
腰痛の場合は、第1図に見られる通り親指と小指が両足に相当しているので、その
両指の根元から手首までの一帯が腰に当たります。そのあたりを他方の手の指でつま
んだり、挟んで押しもんでみると、不快な痛みを感じるでしょう。これに対しては肩
凝りの場合と同じように処理すれば良いのですが、腰に相当する箇所が広いので肩の
場合より丁寧に時間をかけてやることが必要ですし、つまんで押すのにもかなり力を
入れねばなりません。
腰痛という症状は内臓疾患その他実に多様な原因から生じるので、腰痛持ちの人は
手指全体を押しもんで全身のマッサ-ジを心掛けるのが良いでしょう。歩きながらで
もテレビを見ながらでも両手を交互にもむのは簡単に出来ることですから、これを習
慣付ければ健康の増進に資すること間違いありません。

・参考書 (手のひら)
柳泰佑「てのひらツボ療法」地湧社
竹之内三志[特効手のツボ5分間療法」高橋書店
石橋輝美「簡単すぐ効く手の甲刺激」マキノ出版
大村惠昭「バイ・ディジタルOーリングテスト法による舌と手の臓器代表領域」医道
の日本社
陳小雨ほか「手足の骨膜反射療法」東方書店
 (足うら)
原田秀康「足医術完全図解」福昌堂
吉本昭治「足の裏から病気を治す」健友館
ニコラ・ホール「リフレクソロジー 手足による健康法」フレグランスジャーナル社