著名画家の絵と挿絵本・・古版画・昔の絵本(明治のちりめん本・日本昔噺・ちりめん絵・明治の手彩色古写真・19世紀の欧米児童雑誌・美しい挿絵本・内外の古い絵本)
     母岩付円盤パイライト
ホーム明治前後の日本関係書・記録その他希少・平紙大型本(英)「日本の花と生け花技法( The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement)]
商品詳細

希少・平紙大型本(英)「日本の花と生け花技法( The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement)][J.コンドル 1891(明治24)初版 博聞社]

販売価格: 187,000円
[在庫数 1点]
数量:

月岡芳年、河鍋暁翠ほか挿絵 (英)「日本の花と生け花技法( The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement)」 J.コンドル(Conder) 博聞社 1891 サイズ35,9×26,6 cm. 本文136頁 図版56頁 図版は1頁大でモノクロ40枚、カラー14枚(うちI〜VIの6枚と表紙絵は月岡芳年、XXVII〜XXXの4枚は河鍋暁翠による)表紙の右に記された「咀華亭」という名は芳年が用いた号の一つです。  

 著者のコンドルは明治のお雇い外人で鹿鳴館などを設計した建築学者ですが日本文化に心酔して河鍋暁斎の弟子になったほかに日本庭園や生花についても研究を深め専門的な英文の大型本を出しています。その一つの本書は特に評判が良かったものですがその理由はつぎの2点にあります。
➀.外国人による最初にして最高の本格的な生花紹介書であり ➁.当時の一流画家による多数の挿絵版画を収めた大型の豪華な美術書であること。(用紙は当時の最高級の厚手局紙を使用しているので非常に重く目方は2kg以上あります)この本は8年後に増補改訂版が出されていますが、挿絵は尾形月耕に変わり装丁も表紙絵のない普通の洋装本になったので美的な魅力は半減しました。そのため初版を求める人が多く初版本の価格は増補版の数倍になっています。実際、河鍋暁翠のこの種の版画は希少ですし月岡芳年のオリジナル版画は1枚で数万円しますからそれだけでも本書の価値は高くなるわけです。

コンディション:表紙にはすれ、しみ、汚れがあり周辺部に傷みがあります。裏表紙は薄い汚れがあり上部左に折れ跡があります。外部に引きかえ本文と挿絵には汚れやしみがほとんどなく大変きれいな状態で美しい図版を十二分に鑑賞できます。