著名画家の絵と挿絵本・・古版画・昔の絵本(明治のちりめん本・日本昔噺・ちりめん絵・明治の手彩色古写真・19世紀の欧米児童雑誌・美しい挿絵本・内外の古い絵本)
     母岩付円盤パイライト
ホーム | ちりめん本 crepe paper book > 新着本 New arrival ちりめん本「カルマ( Karma)」(英)第2版 著者ポール・ケーラス Paul Carus
商品詳細

ちりめん本「カルマ( Karma)」(英)第2版 著者ポール・ケーラス Paul Carus[発行者 長谷川武次郎 明治29年(1896)]

販売価格: 125,000円
[在庫数 1点]

ちりめん本 「カルマ( Karma)」(英)第2版 著者ポール・ケーラス Paul Carus 20×15,5cm 23頁 長谷川武次郎 明治29年(1896)

 「カルマ 」というのは「行為、因果,業」などと訳されます。本書には「因果応報」の教えを説く仏教説話が5編収められ、その第4編「蜘蛛の糸」は芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」の原作です。蜘蛛の糸が垂れている画像5番目をご覧下さい。この本は初版が明治28年、2版が29年、3版が30年に出され、翌年の31年に鈴木大拙の和訳「因果の小車」が出ています。
 初版から3版までみな表紙と裏表紙の絵が大きく違っており、この2版は特に印象の強い閻魔大王と牛頭馬頭の図柄をもっています。ページ数も初版が18頁、2版が23頁、3版が21頁と異なっており、そのため最終部分の挿絵と奥付が少しづつ違っています。3種の版のうち市場に出るのは第3版がほとんどで初版と2版はめったに出ない貴重品です。

コンディション:表紙に少し退色があり周辺部に小さな傷があります。本文は小さな茶シミが数か所にあるだけで全体的に大変きれいな状態です。

ちりめん本は紙の表面がクレープ状にになっていますので写真では滲んでぼやけたように写っていますが、鮮明できれいです。挿絵の色も草木染のような自然な色合いで、現代の染料にない独特の鮮やかさです。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
上の画像が芥川龍之介「蜘蛛の糸」の原作挿絵です。2版と3版では図のように釈迦・罪人・蜘蛛が描かれていますが初版では蜘蛛と糸だけの単純な絵になっています。
(画像をクリックすると大きく見られます)